東京などでのタクシーのドライバーの待遇などの実態

東京は唯一の都会であるので、地方に比較して様々な産業が整っています。従って、産業に対する需要も大きいので、物価は高い事が特徴であるが、給与も安定しています。タクシードライバーの現状に関しては、求人の要綱には高い待遇が記載している運営会社も多くて、月収が45万円以上も可能である事です。従って、年収に換算すれば500万円以上も可能です。ドライバーの場合は、乗客からの売上による歩合制が主な収入源となるので、当然ながら売上が大きければ月収に跳ね返ってきます。特に都会の場合は、地方に比べて人口が多いので、地方よりも売上が多くなる事が期待できます。一日当たりの運賃による売上が5万以上であれば、月収が35万円を確保できる可能性は高いが、現状では一部のドライバーに限られます。
乗客を目的地まで生かせるドライバーの免許に関しては、未経験でも仕事をする事が可能です。特に大手の運営会社が未経験者を好む傾向です。しかし、会社に入社してからドライバーの免許を取得する事は必須の条件となって、取得できなければ退職という形をとります。取得の費用に関しては、会社側の全額負担として免許の取得に邁進します。ドライバーの免許の試験に、一ヶ月を目安として、車の運転の技術の試験の他に地理に関する試験を受けなければならない事です。地理に関して、働く場所の付近の詳細な地理を覚える目的のための試験です。
タクシードライバーの休みに関して、勤務時間や勤務日数については、不定期と考える必要があって、特に深夜の時間帯もある事を留意しなければならないのです。お客様は会社の飲み会などの事情によって、深夜に帰宅する事があって、バスや電車も運行していないのが普通です。従って、お客様が安全に家路につくための責任のある仕事でもあって、深夜の時間帯に勤務をするのです。深夜の勤務を行った時は、朝方に勤務が終了になることが多くて、明けた日は勤務がお休みになる事です。勤務日数に関して、原則的に休みをシフトして不定期に働く事が原則であるので、ドライバーの平均の実働日数は25日程度です。
最近ではオートマの車が主流になっているので、タクシーの車に関して利便性を考えて、オートマの車を取り入れている運営会社も多くなった事です。東京の場合は、ほとんどの車にオートマの車を取り入れている事が特徴です。カーナビに関しては、正確な位置情報を把握するために取り入れている車がほとんどです。

コメントを残す

*